女の人

布ナプキンでデリケートゾーンのトラブルが軽減できる

デリケートゾーンの問題も

女性

生理の不調を軽くしたり、肌の摩擦を減らしてデリケートゾーンのかぶれや痒みが改善したりすると多くの女性から注目されている布ナプキン。「でも洗濯大変でしょ」「持ち運ぶと臭いがしそう」「紙ナプキンの方が安いかも」など、興味はあるけれど心配で布ナプキン生活を始められない人もいるでしょう。こうした疑問も、答えや仕組みをしれば「始めてみようかな」という気持ちに変わることもあります。まず布ナプキンで得られるメリットについて確認していきましょう。布ナプキンと紙ナプキンの違いは、まず通気性。これが、多くのデリケートゾーントラブルを解決できるとされるポイントなのです。昨今では、ようやくムレを解消する紙ナプキンもよく扱われるようになりましたが、染みないようにビニールシートで下着とデリケートゾーンを隔てるため、紙ナプキンはムレが起きやすい状態を作ってしまいます。このムレが、生理の臭いを悪化させて、痒みやかぶれを引き起こす要因なのです。ムレで汗や水分が溜まり、雑菌の繁殖しやすい環境を作ります。血は元々、ほとんど臭いがありません。しかし空気に触れて、酸化や雑菌が増えることで生臭さが増すのです。生理独特の臭いを気にしている女性は、このムレ対策を考えた方が良いでしょう。次に痒みやかぶれは、デリケートゾーンの薄い皮膚が摩擦されて起こります。紙ナプキンには通気用や血を漏らさないためのステッチがあるので、その部分との摩擦も影響していると考えられます。また、ムレで雑菌が繁殖している部分に、デリケートゾーンの薄い皮膚が湿った状態でこすれると、皮膚に雑菌が付着して痒みやかぶれに繋がるのです。

メリットとコスト

悩む女の人

布ナプキンは生理トラブルやデリケートゾーントラブルにも大きな効果を発揮します。メリットが多い布ナプキンですが、多くの人が初期費用で足踏みをしてしまいます。しかし後のコストを考えると布ナプキンの方が安くなります。

詳細へ

実際には安いのか

お尻

布ナプキンを取り入れてみようと考えたとき、やはり気になるのが布ナプキンの初期費用と利用にかかるコストです。お得でエコを数字で把握することで、具体的にどれほどお得なのか解説します。

詳細へ

使い方と洗濯

ウーマン

費用に続けて、気になるポイントとしては、布ナプキンの扱い方でしょう。洗濯と持ち運び、この2つが布ナプキンの「ハードルの高いもの」というイメージに繋がっています。しかし効率的なやり方を知っていれば導入しやすいでしょう。

詳細へ